バイナリーオプション業者は海外と国内どっちがいいの?

 

文献: ワイバイナリー.jp

バイナリーオプションを利用するためには、まずは業者を選んで口座を開設する必要があります。
とにかくすぐにバイナリーオプションを始めたい人は、あまり深く考えずに業者を選んでしまいがちですが、それでは損をしてしまうかもしれません。
なぜならバイナリーオプション業者というのは国内外にたくさんあり、業者ごとに個性があるため、適当に選んでしまった業者が自分と相性がいいとは限らないからです。
バイナリーオプション業者は大きく分けて、日本国内の業者と海外の業者に分類できますが、今回は海外の業者についてメリットやデメリットを考えてみたいと思います。


■海外のバイナリーオプション業者について

海外のバイナリーオプション業者の最大のメリットは、日本国内の業者と比較した場合に自由な取引ができることです。
バイナリーオプションは短期的な取引が魅力のひとつですが、日本国内の業者の場合には比較的のんびりとした取引しかできません。
一方で海外のバイナリーオプション業者はスピーディーな取引ができます。取引回数が多いということはそれだけ勝つチャンスがあるというわけです。
もちろん同じぐらい負けてしまうチャンスがあるのは確かですが、戦いたくても戦うことができない制限と、戦うのも戦わないのも自由なのは大違いですよね。
ただ単に取引時間が短いだけではなく、海外のバイナリーオプション業者の方が複雑で豊富なオプションが用意されていることが多いです。選択肢が複雑になればそれだけ勝つのは難しくなりますが、もし勝てたときのリターンも大きくなります。
ペイアウト率に関しても日本の業者よりも、海外の業者の方が高い傾向にあるようです。ペイアウト率はそのまま利益に直結しますから、低いよりは高い方が嬉しいですよね。

もちろん海外のバイナリーオプション業者にはメリットばかりがあるわけではありません。リスクについても紹介しないのは不公平だと思います。
日本国内のバイナリーオプション業者がなぜ規制が厳しということは、それだけ問題のある業者が排除されやすいということでもあります。
逆に海外の業者は日本の金融庁も完全に把握できていないようで、中には問題がある業者も存在しています。問題があればやがて対策されるのですが、それまでに自分がトラブル巻き込まれてしまう可能性も否定できません。
何より日本国内の業者の最大のメリットは、完全な日本語サービスを受けることが可能だということです。もっとも、海外のバイナリーオプション業者も日本人向けのサービスを展開していますので、その優位性はなくなってきてはいますが。

バイナリーオプション業者によっては、実際に口座を開かなくてもシミュレーション(デモトレード)が利用できる場合があります。
もちろんシミュレーションが利用できるから安全とは断言しかねますが、だいぶ雰囲気をつかめることは確かですので試してみてはいかがでしょうか。

プラットフォーム

 

FXで利用することになるプラットフォームには、どの会社も癖が用意されています。

 

癖を理解していくことは、成功するために必要なポイントとなっていますので、明らかに変だなと思っている部分があるなら、その部分のチェックをしてください。


特に多いのが、ずれるような形で取引が成立している場合です。あとになって取引が終わっているような感じがあるなら、それはプラットフォームの癖という部分になります。

気になるようなら、でもトレードも活用して調べてください。